@ホームなオハナシですね

 にゃものおばーちゃんがおもむろに登場。
 地図も無視して風の導くままに直通コースでみなもに出会えるルート取り。
 何だろう、無敵キャラの匂いがする。

 にゃもママまで来週して島に家族が勢ぞろい。
 ナノテク技術者とかとっても忙しそうですが。
 パパはパパでいち研究者になっても元部下たちから慕われてるし。
 なんだか不思議な一族である。

 バイタリティと閃きが身上なのかなー。
 くっしーも珍しいぐらい和やかな対応を見せていたが。
 ハルくんともどないな関係なんだか。

 何にせよ、人情話で雰囲気作るの相変わらずうまいなあ。
 メタルにダイブする展開がむしろ珍しいぐらいなのは開始前からすると予想外だが。
スポンサーサイト

またアバンからかっとばしおってからに

 何気に先週のゲストキャラもアバンに顔出してたんは珍しい気も。
 犬のぞんざいな扱いも定着したなあ。

 そんで本編は……五不思議て。
 ゴロ悪いよ、そこは無理矢理にでももう2つ増やして七不思議にしようよ!
 5つの時点でかなりいっぱいいっぱいだったのはわかるけど!

 単に階段がきしんでるだけとかエアコンの風でカタカタする人体模型とか。
 原因考えるのも面倒なまま備品粉砕してどうするのだキミら。
 樹の影がゆらゆらとかベッタベタにも程があるし。
 最後の1つは明らかに変人の所業。

 つーか何の根拠もなしに自分が天才と吠えたけるこの医者はドリームソルジャーだな、間違いない。
 ギャグ世界の倫理に深くつっこむのも何だが、医師免許剥奪しとこうぜってレベルだしな。
 医療事故の1つや2つは日常茶飯事だが超権力で握りつぶしてるぜぐらいはやっても良かったんじゃないかとも思う。

 そして相変わらず仕事が適当な妖精さんことゴスロリおっぱい。
 七ちゃんはアレで結構がんばってたんだなあ……。
 なんか殴られてあっさりコクチ抜けるし。
 しろがねはアキラの体から吸出しプレイが出来てご満悦っぽかったけど。

 展開も何もかも実に適当。
 それでいて視聴後にのしかかるこの疲労感。
 まさに今週もホモクロームだった。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

桜の下には死体が埋まっているクマー

 今週も適当に始まったワールドデストラクション。
 ところどころ微妙に作画が可愛かったがそれはそれでいいとして。
 一本だけポツンと満開の桜という絵面でシャニティアーを思い出したぜ。
 このアニメの方向性的にも。

 んで桜の枝を折っちゃったのを正直に言うとかどこのアメリカ大統領かと。
 折った枝をわざわざ持ってって町で言いふらすのもどうかと。
 そして呪いの桜は桜を守る為に意図して流したデマゴーグって、それ信じる町の住人たちはどんだけ純朴なのかと思ったが……オチを見ると実際に呪ってたっぽいな、こいつ。

 恋人を待ってるとか話聞いて感情移入して桜を守ろうと考えるまではいいんだが、その手段がどうにもアレな主人公。
 いやアレな脚本についてはまだいいとして、自分で被害に遭う気はまったく無いのに何の疑問も無さそうなナチュラルっぷりは何だ。
 つーかクマはどんだけ便利に使われるのか。
 それでも結局は積極的に三文芝居に協力するクマはいいクマだ。

 あと2話だかのバー子さん赤面硬直は何だったのかしらという大暴れっぷり。
 服にフンをかけられて怒るのはわかるが。
 妄言銀髪眼鏡はいつの間にかボート用意してたり変なとこで素早いし。
 でも橋が崩れて……って、あの兄ちゃんは結構強力な念を持ってるのかしらー。

 そして今週も何だかいい話風味で締めました。
 最後だけいい話にしとけば途中経過は何だっていいとか思ってるだろう。
 いいぞもっとやれ(ぇー

theme : ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~
genre : アニメ・コミック

アバンから何だこの子安カリバー劇場

 まったくもってワケがわからなくてポカーンとしたぜ。

 つーかここでオックスくんかい。
 何という出オチ対決。
 でもちょっと相手が悪いぞ。

 そして子安カリバーの話は相変わらず脈絡がない。
 ミュージカルかと思ったらアメコミでリーゼント。
 ハードボイルドだったりホームズでトリック説明無かったりロマンスだったり。
 バラバラと。
 あとところどころで守ってもらいたい1000の項目が1000超えてるのも些細なことね。

 それと職人王アーサーて。
 子安カリバーキャラ違うんですけど。
 どこまでがリアルなのか、全部リアルそうで怖いなあ。
 アクセルとブレーキに足届かないからって杖に足かけて届かせるのもどうかと。

 んで続きが気になるとかオックスくんは付き合いいいなあと思っていたら。
 なんでそこで歌。
 ……って子安カリバーの歌がCMに入っても消えねええええええ!?
 どんだけ好き放題かなスタッフ。

 そして結局オックスくんでも耐えかねたのだった。
 まあアレと一緒に過ごすことになったらかなり辛いしね。
 周囲からの視線もイタイことになるしね。
 ノーサンキュー極まるというお話である。

theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

アバンがルルになっててびっくり

 とりあえず、すごい自分リスペクトです。
 ホントに自分大好きだなキミ。

 そしてC.C.さんのすごい小動物ムーブ。
 これが大元だとすると、時の流れってすごいねー(ぇー
 まあ不老不死になった挙句に長々と色々あった果てではあるんだが。

 早速ピザで餌付けにかかるルルは何というか、もう。
 あかんね。
 もだえるね。
 ビクビクしながらも行ってらっしゃいませとか、確実にポイント稼いでるし。

 カレンによるスザクぼこぼこアクションも、いきなり過ぎて何が何だか。
 先週弱々しく「お兄ちゃん……」とか泣き言やっちゃっておいて「安く見るな!」とか吠えられても。
 このわんこは。

 で、ルルはまた超合衆国とか愉快ネーミングを。
 付き合う各国のお歴々もタイヘンです。
 でもなんかシンクーはノリノリだったね。
 やっぱり魂の兄弟なのかしら(特殊性欲的な意味で

 紅蓮はそうか、ロイドさんと17歳の手で魔改造されてしまったか……。
 誰も扱えないシロモノになっちゃったとかまた気楽に。

 千葉さん死亡フラグを立てに行くも、藤堂さん逃亡するの巻。
 じわじわと距離を詰めてくがなかなか決め手にかけるねー。

 扇はあの状況からのこのこと戻るとか、最初はサヨコさんが変装でもしてるんかと思ったが。
 憔悴した様子でジョージが妙に馴れ馴れしいし、ヴィレッタさん押えられて脅迫でもされてんのか。

 そんで超合衆国で大義名分を立てて日本解放と盛り上がったところで皇帝介入。
 ルルさーん、そこでビビりすぎー。
 つーかまたナナリーか。
 藤堂さんが頑張って日本万歳とか声あげて盛り上げてるのに放置して部屋にこもるとか。
 ご主人様にピザを1きれ残すという信じがたい尽くし方をするC.C.さんに八つ当たりとか。
 おーちーつーけー。
 まあやっちゃった後で血が出てるのに気づいてフォロー入ったのでよしとするが。

 んで、そこでスザクに泣きつくという発想に至るのは予想外だなあ。
 「守ってください」とか。
 本当に必死だ。
 それでのこのこ出向くのは確定で、次回のサブタイが土の味。
 スザクのドSっぷりが炸裂すんのか。

 まあそんなこんなで今週も実に色々あったが。

 内務掃拭賛助官って何だ。

theme : コードギアス 反逆のルルージュR2
genre : アニメ・コミック

お兄さんが授業参観に

 しかも毎日。
 これはウザイね!(ぇー
 でもそこで殴りかかるとか相変わらず沸点の低いアルトくんであった。
 決して弱いわけでもないのだろうが、力量差とか考えないのでとてもチンピラ臭いです。

 ともあれ容赦なく陰謀がギュンギュンまわっております。
 大統領もずいぶん流され体質だなあ。
 グレイスはこれでランカの前でもいい顔を続けるのだから大したもんだ。
 でもモノローグとはいえ調教とか言うのはどうかと思うな。

 シェリルは相変わらず無茶しやがる人である。
 教科書通りのツンデレかと思えば部屋に連れ込まれてキャーとか実に楽しそうだ。
 なんか色々とプライド刺激される状況が続いてるが、そろそろ何か反撃すんのかなー。

 ランカの歌の効果でヴァジュラが戦えなくなった隙に攻撃する様は普通に虐殺っぽい印象が。
 グレイスたちの狙いが未だによくわからんし。
 SMS御大のドリーマージジイもどう絡むやら。

 そんで次回はグッバイシスターとな。
 オズマの兄貴が妹離れをするのかしら。
 死亡フラグとか囁かれる向きもあるが。
 はてさて。

theme : マクロスF
genre : アニメ・コミック

宮は猫だなあ

 いや、ならゆのっちがタチなのかとかそういう話ではなく。

 猫の顔を洗って雨に備えるとか、宮は変なことを知ってるけど微妙に間違ってる。
 キャットフードを山分けだし。
 猫のおねだりになし崩しになったり。
 あとルービックキューブを解く猫とか、それを疑問に思わないゆのっちの天然。

 同衾した翌日に姿を消すぬこにやり逃げの声が(ぇー
 いやまあ宮が「これも不純異性交遊?」とかすっとこなことを言うたせいもあろうが。
 作画の調子を変える演出とかいい感じである。

 んでヒロさんサエさん、そういうことは部屋に鍵かけてやるべきだと思うな(ぇー
 子供だって来るんだから。

 わかりやすく1期のエピソードに引いたが。
 元々時系列がぐっちゃぐちゃだったのでこういうのもアリなのね。
 ついDVDを買ってみたくなる良い演出だと思います(ぉ

theme : ひだまりスケッチ×365
genre : アニメ・コミック

ソウタくんとホロンさんのイチャイチャ話

 以外の何物でもなかったわけだが。
 そしてソウタくんはうなじフェチ。

 まあアンドロイドとの恋愛というのも古来からのテーマの1つって感じではあるが。
 定められた行動様式に沿ってそのように反応にしているに過ぎず、そこに心の存在を仮定するのは見る側の幻想でしかないとか言われたところで迸るパトスは止められません(ぇー
 自分以外の他人に対してだってその本質に何があるかなんて仮定することしか出来ないし、知らずに済ませた方が平和なことだって多いしさー。

 ともあれボッコボコにされてたのにホロンさんの声援一発で再起して反撃、逆転勝利するソウタは実にヒーロー気質である。
 よーやく勝てない理由も納得したようだし。
 何というか、まあ、幸せそうで結構なことだ。

theme : RD 潜脳調査室
genre : アニメ・コミック

WD

 なんつーか、すげえという他に無いな、色々な意味で。

 いきなり監獄にぶち込まれるとこから始まるのは、まあ実にらしいスピード展開だったが。
 3人ともそれぞれそれなりに適応してるし。
 つーか適応能力高いな宮野。
 戦闘能力とかは無いけど人里ならどこでも生きてけそうだ。

 そして一人で穴掘って看守の部屋まで到達、鍵を確保するクマ。
 おもむろに囚人の女の子とラブコメ始める獣人看守とか、色々と適当に展開するし。

 とどめにすごい省力作画によるクマな魔球。
 適当な止め絵でスタコラサッサだぜーいで締めたかと思ったら、コイツらのどこから相互理解の大切さを学べたのかという適当にそれっぽいこと言ってまとめるし。
 ある意味で伝説になれるやも知れぬ。

 つーか見てて変に面白いのが困るなー。
 まあダメな人にはダメだろうけど。
 キスダムとか怪物王女とか大好きな人にオススメな感じ。

キッドはやっぱりカッコイイなあ、色々な意味で

 ラグナロクほっぽって割れた雲の真ん中めがけてカッ飛んでくとはさすがに予想してなかったぜ。
 しかもすげえキラキラといい笑顔で。

 ラグナロクはいきなり船を真っ二つにしたり、実に派手だ。
 体の中の黒血で本体の防御力も高いし。
 戦力としては侮れないんだけど、どーにも小物くさいっつーかラスボスとかの器ではない。
 死武専のすぐそばにいる鬼神とか、そっちもどんなんか知らんが。

 そしてメデューサ先生いきなりの正体バレ。
 展開速いなあ。
 ばっちりバレてるのに「セクハラですよー!」とかその切り返しは何なのかと。
 変に可愛いじゃねえか(ぇー

 シド先生もいきなり吹き飛ばされたけど。
 こっからクライマックスに向けて色々と動き出すのかなー。
 まあ期待してみるとしよう。

theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

C.C.さんそのキャラチェンジはどうか(ぉ

 今度はまたどんなプレイかと。

 まあそれはそれとして、いきなりの対決で即殺しにかかったルルにびっくり。
 また記憶書き換えられちゃ堪らないし、殺られる前に殺るという発想そのものは間違ってないが。
 聞き出したいこともあったんだし、「俺に従え」とかで良かったんじゃあ?

 そんであっさり自分の胸を撃って倒れた皇帝にびっくりなルル。
 キミは父親を絶対に倒せないモンスターか何かと思っているな?
 気持ちはわかるが。

 そして実はV.V.殺して不老不死になってましたというオチかい。
 V.V.は本当に出番あっさりだったな。
 まああの声で長々と喋られても困ったんだけど。
 ともあれC.C.同様にギアス無効となったとすると、わざわざ胸を撃ったのもルルを驚かす為だけだったんだよな。
 皇帝はどんだけルルいじり大好きですか。

 スザクは無駄に空回り継続中。
 薬物使って言うこと聞かせるのがギアスと変わらんということにギリギリで気づいて踏み止まったか。
 でもそれダメと判断した根拠がルルと同じになりたくないってだけだからなー、倫理崩壊してるよなー。
 ナナリーに嘘つかないよとか言いつつバレバレだし。
 そこで「兄さんといっしょ」発言されてキレたりはすまいな裏返り。

 扇は扇でヴィレッタさんと逢瀬してたりサヨコさんに消されそうになったり忙しいことだ。
 つーかヴィレッタさんガードしようとして飛び出たのはいいけど、ヴィレッタさんちゃんと避けてたような。
 まあそんで落ちた扇を追って飛び降りてしまうヴィレッタさんはデレですね。

 んでC.C.さんの元のギアスは愛されギアスと。
 なんか最初はいいけど強くなり過ぎると非道いことになりそうなギアスだな。
 プロポーズとか紳士的な段階で不老不死に切り替わったみたいだけど。

 そんなC.C.さんの過去を知って戦線復帰したルル、とりあえず「そいつは俺の」何なのかちゃんと言いなさい。
 そーいや扇もそこで止めて対象に「俺の何ですか?」とか問い詰められたな。
 最期ぐらい笑って死ねとか、俺が必ず笑わせてやるとか、この子は本当にもう。

 で、C.C.さんがいきなりのキャラチェンジ。
 何にツッコミ入れたいって、「出来ることリスト」に「掃除」が入っていることかな(ぇー
 あと「新しいご主人様」って何そのエロ同人作家がいきり勃ちそうなワード。
 ルルは優しく接しようとするんだけど自分が知ってるC.C.とのギャップにいたたまれなくなってとかそんな展開ががが(落ち着け

 こっちはこっちで絵面そのものはアレだけど。
ネリ緊縛

 その腕がちょー疲れそうなポーズは誰の趣味ですか。
 ジェレミーとルルがセットじゃあ、そう非道いことも出来んだろうが。
 ネリさんにはもうギアス使用済みだしね。
 マリアンヌFC会員として取り込みたいけどユフィのことがあって難航とかそんな状況になるんかなあ。

theme : コードギアス 反逆のルルージュR2
genre : アニメ・コミック

微妙に総集編風味

 でも陰謀推進組の視点やら新規シーンなんかもふんだんであった。
 シリーズも折り返し点ということでおさらい入れた、ぐらいの解釈でいいのかな。

 グレイスさんはもう何なんだか。
 統合意識とか群体とかそんなノリなのか。
 グレイスって体は介入用の端末でしか無いような感じだけど。
 何気にシェリル廃棄とか不穏なことを言ってるが。

 まあ廃棄といっても特に殺すとかそういうことではなく、計画の対象から外して芸能活動から一切シャットアウト、そのまま忘れるとかそんなんなのか。
 それならむしろ安全になって結構なことだが。
 でもシェリルはシェリルで何かありそうなんだよなー……。

 んで、二人からミュージカル風に迫られてタジタジのアルトワロス。
 ランカが何かする度にぴくっと反応して潰しにかかるシェリルさんは可愛いね。
 アルトはどっちにどうとかまるで無くて、迫られるとすぐ逃げるけど。

 そしてSMSのえらい人……何か楽しそうな爺ちゃんだな。
 微妙に人が乗れそうな鉄道模型がぐるぐると。
 そーゆー趣味の人か。
 メイド服がエロメイド服だったのも趣味の人か(ぇー

 アルトに余計なこと言うな言っても何が余計か判断つかないから無意味だと思うが、これがどう展開するんかねえ。
 ランカはランカで大変だけど……っていうかグレイスさんのツラの皮はやはり異常だ。

theme : マクロスF
genre : アニメ・コミック

吉野家先生は相変わらず

 どこまでもダメな先生です。
 テストの採点締め切りまで放置した挙句きっぱり忘れて休日出勤。
 付き合わされる校長が災難だわ。
 そしてそこで同僚巻き込もうとしない。
 あとあんなのが二人もいたクラスってどんなカオスだ。

 ゆのっちと宮は天気のいい休日に神社へデート。
 って階段長いな。
 それを1段1段数えるのは実にゆのっちらしいが……「今何時?」とナチュラルに聞く宮は天性だぜい……(ごくり

 女性なら誰でもお嬢さんと話しかける神主さんとか、通りすがりに変な人が。
 まあそういう土地柄なんだろうな。
 初対面のねーちゃんに絵をねだる幼女とかも含めて。
 そのせいでゆのっちの鼻がタイヘンなことに。

 ヒロさんとサエさんは相変わらずの夫婦っぷり……って何やらわざわざツンデレしに来る変な人が。
 ちょくちょく出てきては微妙すぎるアプローチ。
 最後までこのノリなのかしら。

 大家さんは大家さんで、また変なバイトを。
 そしてキャットフード食べたことあるとかどんだけ謎な存在感を。
 さすが変人の巣窟のボスというべきなのか(ぇー

 何はともあれ、またーりと安定してて実に善哉。
 のんびり楽しめるアニメっていいねー。

theme : ひだまりスケッチ×365
genre : アニメ・コミック

ピーマン撲滅委員会

 そんなにゃもの大騒ぎを背景にした命がけコント回とかそんな感じ(ぇー
 ピーマンがどんだけ嫌いか知らんが、毎朝作ってもらって文句言うとか実に子供だ。
 全世界に訴えかけでもするかのような勢いで絶叫するし。
 つーか難癖つけるポイントが多岐に渡ってるのは無駄にすごかった。

 んでくっしーからの依頼でハルさん潜入調査ですが……美食倶楽部ときましたか。
 いやまあ捻りが無いのでよくありそうなお名前ですね?

 そして繰り広げられる食への熱きこだわりというかどう見てもコントです。
 わざわざ極寒の環境で寝たら死ぬぞー、最後の晩餐になっちゃうぞーとか。
 ダバダバと汗を撒き散らしながら暑苦しく吠え猛るとか。

 そんな中でハルさんがいつに無く可愛かったり。
らぶりーハルさん

 ホロンさんが天然オイルスキーだったり。
 にゃもは生産ラインの停止を要求したり。
 色々と無駄に楽しかった。

 しかしそんなすっとこ展開目白押しでも、根っこのテーマは大真面目に深刻だったりするのがまた実にこのアニメらしいな。
 美食追求しすぎて食事が苦痛になるとは皮肉な話だ。
 てか感覚のパラメータとか割と色々いじれるとか。
 色々と危ない利用法がありそうだぜ。

 そんで、次回はまたソータとホロンさんでデートですか(ぇー
 おもむろにピカーとかで引かれてもどうしたものかという感じだが。
 何にせよ次も楽しみである。

ダブルブレード変態がんばるの巻

 いきなりショタの屋敷に夜這いかけて何事かと思ったぜ。
 どーでもいいけどクロスボウを抱えて寝るのはどうかと思うなショタ。

 ジジイはジジイでさりげなく戯言連発するけど。
 心配で朝起きてから一睡もしてないとかネタで言ってるだろうと。
 むしろ大して心配でもないんじゃねえのかと。

 ヤクザの親父さんは親馬鹿だが、今回に限ってはその主張を正しいと認めざるを得ないのだった。
 つーかこういう状況では当然のように出てくるな小清水。
 嘘一発で許せないとか喚き出したり、難儀なとこも変わりませんね。

 それで男にコクチ入れられてしまう適当展開も相変わらずだが。
 そこに入れろと指示を出すゴスおっぱいの上司って一体。
 実はショタがそうとかそんなオチか。

 あとは、えーと、しろがねを信用するなとかわざわざ言われても。
 元々どこをどうやったら信用できるのかというレベルだし。
 いやガチホモが横にいる寝室で普通に寝てしまう無防備さはどうなんだと思わないでもないけど。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

ワールドデストラクション

 そーいや1話の時に感想書き忘れたけど、ちゃんと見ました。
 感想はえーと、変なアニメ(ぉ
 でもその後の30分ほどでは無いので準備運動にちょうどいい感じ?(何が

 ともあれ2話。
 OPで暴れてたねーちゃんが出てきたわけですが……あらあら、凶悪なツラ構えですことー。
 わかりやすいぐらいトリガーハッピーです。
 むしろバーサーカー。

 一方、その相方はあからさまに妄言ヤーの匂いが。
 バラまで出すし無駄に回りくどいし間違いないな。

 その賭けに乗ったと見せかけて、缶詰を包んで出すとか本当にツラの皮が厚い16歳。
 わかりやすくギャンブルで身を持ち崩すし。
 まあ自分は運が強いと思い込んでる人間って普通にカモだしね。

 クマは人にクマと言われるの嫌なのかクマ。
 語尾にクマつけることには頑なにこだわるのに。
 一族の誇りだから他人から言われるのは嫌なのかしらん。
 何か宮野主人公と妙に仲良くなってるし。
 つーか宮野は色んな人の懐に潜り込むのがうまいキャラなのか。

 ともあれ幼女のスリとか色々あって結局乱闘になったわけだが。
 よもやバーサーカーが赤面して硬直しようとは。
 何だその一目ぼれ。
 どんだけ展開適当なんだ。

 そして幼女に銀貨一枚を元手に親父を取り戻すまで稼げとか無茶をいう16歳。
 まあ助ける義理も無いから別にいいが。
 流されるままに世界撲滅委員会として活動するハメになった男二人の行く末もどうなんだか。

 そんなこんなでとにかく全体的に色々と適当なんだけど、妙に楽しいから困る。
 キスダム的というか怪物王女的というか。

 ホモクロームとセットでキープしとくぜ。

theme : WORLD DESTRUCTION~世界撲滅の六人~
genre : アニメ・コミック

久々にキッドパーティーがメインのご様子

 船に激突しといて「真ん中にぶつけんか!」と怒る彼はある意味ですごい。
 そこでやり直すのもどうかと思うが。

 リズはオバケ怖い子か。
 割とありがちなキャラ立てではあるが、魂食べる存在のくせに。
 何ぞトラウマでもあるんかしら。

 幽霊船のヌシも何か伏線っぽいことベラベラ喋ってたかと思ったら、実にあっさりバラバラに。
 つーかどっから降ってきたクロナ。

 まあ次回は割りとマジメにバトるのかな。
 ちょっと気を抜くとすぐダメになるキッドの普通にかっこいいシーンは貴重だしのう。
 予告ではまたどーでもいいことにツッコんでたけど。

theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

何やら在庫一斉処分の様相を呈してきました

 そんなギャースR2。
 ニコニコ笑顔で「危ないところだったよ兄さん! でもボクが対処したから大丈夫だよ! 褒めて褒めて!」と尻尾パタパタなロロはどんだけ空気嫁ない子なのかしら。
 まあ元々そーゆー常識はさっぱりな子ではあったわけだけど。
 むしろそこで超うさんくさい笑顔で「助かったよロロ!」と返したルルにどうしたものかと。
 また何ぞロクでもないこと考えたのは確実だったので。

 スザクはスザクで、やっぱそー来るのね……。
 何かもう自分の復讐心を肯定したいだけなんだろうなあ、どんな報告受けてもルルが黒ってとこを動かせないようだし。
 ユフィ殺したんだからシャーリー殺したって不思議ねーぜと。
 そしてカレンをヤク漬けにしてでもとか、どんだけ。

 んでルルはまた思いっきり煮詰まったまんま虐殺ですか。
 まあどんなギアス使いがいるかわからんのだし、潰せるものなら全力で潰すという方針そのものは悪くないけど。
 黒の騎士団内部での不信感拡大が甚だしい。
 元々そんな信用あったわけでもないが。
 正義とか弱者がどうとかで人気取りに走っておいて、子供でも虐殺という方針じゃあねえ。

 バトレーはしぶとかった割りに最期はあっさりだったなー。
 ジークフリートまで持ち出したV2の体たらくもどうかと思うが。
 つーかコーネリアさんはゼロが目の前にいてもV2を優先したか。
 先ず厄介な元凶を潰してから順番にという方針なのかしらん。
 さりげにオレンジがいい仕事したりもしておったが。

 えーと、後はルルの変なセットか。
 何で用意してるかなー、そしてそれを大真面目にやれるかなー。
 相変わらず愉快な脳をしてるなあ。
 ロロの機体にこっそり爆弾詰め込んだりとか、色々と短絡にも走ってたが。

 V.V.がマリアンヌおかーさんに対して妙に感情的だったのは何でかね。
 兄弟が美しい関係だの何だの言うてたから、弟を取られたのが悔しかったとかそんなんなのか。
 若本皇帝は若本皇帝で、何気に色々ありそうだけど。

 ともあれコーネリアの活躍やらC.C.さんのさりげないフォローでギアス教団は概ね片付いたよーだけど。
 何でいきなり若本皇帝と直接対決になってるのか。
 購いの時がきたーとか何のネタバラシタイムかね。
 ルル一人だけじゃあ何をどーすることも出来なそうだし。
 まあ、どう転ぶのかは見物である。

 それと今回の衝撃映像。

千葉×藤堂

 ……何二人仲良くベッドに腰掛けてリンゴ食べてますかお二人さん。

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

ルカくんのすごい死亡フラグ

 まあ別の人がよりでかい死亡フラグを消化して相殺という形になったのかしら(ぇー
 それはそれとして本人さっぱりいいとこ無しでしたが。

 アルトは「ミシェル、シェリル、おまえたちが残してくれた力受け取ったよ……!」とかさりげなく散っていった仲間の遺志を継いだ気にならんでください。
 まだ死んでないから。

 またもおいしいタイミングで出てきたりもしたけど。
 この辺はさすが主人公。

 艦長もさりげなくラブコメ要素。
 「キミはいい奥さんになる」ってそれ狙って言ってんのか。
 天然だとしたらなおさらヤベーが。

 まあ艦長はかっこいいけどねー。
 「こちらの攻撃の手は休めん、力を見せろ!」とか惚れるね。
 アフロはアフロでかっこいいけど。
 大人だわ。

 んでアルト、キミはランカ救出に行ったのにその姿も確認しないままヴァルキリーに乗った自分が吹き飛ばされるような爆風発生させる攻撃を全力で叩き込むとか、どんだけ視野が狭窄してるの。
 色々と周りが見えてない子だなあ……。
 シェリルあんなに可愛いのに無反応だし(そこか

 ともあれヴァジュラとの戦闘にひと息ついたけど陰謀は俄然進行中と。
 予告でしれっとシェリルの前に姿現してたグレイスはどんだけツラの皮が厚いのか。
 あるいは全部バラしてバイバイってことかも知らんけど。
 どうなるんかね、この先。

theme : マクロスF(フロンティア)
genre : アニメ・コミック

ひだまりー

 先週は気持ち悪いくらい動きまくってたけど今週は普通だな。
 まあこのアニメは動きが重要なわけでもないので問題ないが。
 変な連中の変なやりとりをマターリと楽しめれば問題なし。

 さやさんは何かイライラしてんのかと思ったらそわそわだったのね。
 素直になれないおねーちゃん。
 何というツンデレ。

 つーか妹も随分と友達感覚だが。
 そのうちまた出てくるんじゃろか。

 校長先生と吉野家先生は相変わらず愉快生物。
 ていうかバレンタインチョコは欲しいのね校長。
 そしてそもそも男と無縁なのね吉野家先生。

 ひだまり荘の面子は料理技能持ちとそうでないのとが綺麗にわかれてるなあ。
 ウケてないで教育したげなさい、そこのかーちゃん。

 まあ相変わらずマターリしてて結構なことよ。
 今後もこの調子で頼むんだぜ。

theme : ひだまりスケッチ×365
genre : アニメ・コミック

新たなる変態あらわる

 まあ変態じゃない人間なんてこのアニメにはいませんが。
 ジジイはジジイでいつの間にかしろがねが見えるようになってましたとか。
 ほっとくとどんどんスペック上げてくな。
 つーか新キャラの粉かけに動じずカウンターをあわせるとかホントに最強だな。

 んでしろがねさんはアレでキャラ作ってたんですか。
 うん確かに気持ち悪いぜ。
 アキラくん相手にそれで攻めようと思った根拠について聞いてみたくなったが、聞かない方が脳には良さそうとも思う。

 実にあっさり全快したが、前回の弱体化は結局何だったのかの説明はしたのか。
 別にしなくても構わないとも思えるが。

 そしてナナちゃんの適当仕事をゴスおっぱいが引き継いでやっぱり適当仕事に。
 ヤクザさんも「妖精ちゃんじゃあ!」叫ばれても。
 なんかこのままのノリで最後まで行きそうですね。
 結構なことです(ぉ

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

超筆記試験

 シュタイン博士が作ってわざわざ超とかつけるぐらいだからどんな変態テストかと思ったけど。
 なんか変なジンクスがある程度で、テストそのものは普通なのね。
 つーか何だろうオックス君とかいうわかりやすい出オチキャラ。

 スターはスターで無謀な挑戦におもむいて玉砕したり。
 ソウルは真面目に勉強するヤツはバカだと豪語しつつ、普通に勉強するより手間なカンペ作戦。
 そして没収。

 キッドは名前すら書けず終了。
 問題用紙でキリン作るとかも大概だが。
 なんかもうみんな楽しそうね。

 そしてパパのちょっと暖かなアクション……って猫のせいでダイナシだー。
 この猫は本当にロクでもないな。
 まあ、プレゼントを選ぶぐらいまでは自分でやるべきだったねパパ。
 南無。

theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

まさかのオレンジ寝返り

 アンタあんな目に遭っておいてルルに対して忠義抱くとか、どんだけマリアンヌおかーさんのこと好きだったの。
 裏切り者扱いの果てに仲間に殺されかけたりカレンに吹き飛ばされたり改造されたり散々だったのに。
 その元凶をかつて守れなかった主君の息子だからって様呼ばわりです。

 ルルがゲフィオンディスターバ解除した瞬間には、ここでニヤリと来んのかと思ったぜ。
 まあオレンジはそんなタイプじゃないんだけど。
 自分をエサに罠を張ったルルが調子こいて失敗に終わらないとか想像しがたくてな(ぉ
 そしてルルは母親やナナリーが絡むと味方認定一瞬だなあ。

 一方、いきなりのシャーリー退場。
 危険だから退避しろってのに、なんでのこのこ向かうんだとか思ってたら。
 ロロもここ最近は兄さんラブでいい子してたのに、ここに来て地雷踏んだなあ……。

 シャーリーもさっきまでルルとスザクも疑ってたのに、ルルが好きだという自己申告だけで信用してベラベラ喋るとかちょっと考えの足りないとこを見せてたが。
 ルルに弟いなかったんだからおかしいんじゃねとか考えてもよかったろうに。
 そこでナナちゃん取り戻しちゃったら僕の居場所が無くなるだろーという見事な逆鱗かきむしった。

 しかしスザクにシャーリーの記憶回復がバレてたよなー。
 その直後にこれって、記憶戻ったから口封じられたって考えるのかなあ。
 問題は誰に、なんだけど。

 OP、ED共に新バージョン。
 思いのほか爽やかなOPだが、サヨコさん一人だけ世界観が違うような。
 一体どこの超昴閃忍かと(ぉ
 あとこれだとシュナ兄が皇帝ど同格ぐらいの敵扱いなのかしら。

 あとはさよこさんガチくのいち。
 クナイですよオイオイ。
 つーか生身なら黒の騎士団最強なんじゃ。
 それで情報処理能力もすごいとかどんなスペック。
 でも天然なので全部任せると困った事態に。

 コーネリアさんはガチで容赦なかったり、扇も声一発で相手わかったり、脇でちょこちょこと色々あった。
 C.C.さんとかカレンとか色々と出番無い人たちがいたが。

 ともあれ、シャーリーが死んだとなるとまたルルがすごい勢いでヘコんだり錯乱したりしそうなんだが。
 どうなるんだこれから。

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

ランカちん触手レイプされるの巻(※されてません

 前回急にヒロインフラグを巻き返したかと思ったら、今度は囚われの姫様展開ですよ。
 めまぐるしい娘です。
 紅い人だかおにーちゃんだか知りませんが「相応しくないから殺す」とか自重。
 お嫁になんかやりませんと暴れてるようにしか。

 一方でグレイスさんのすごい暗躍。
 変なもん仕込んで無理矢理発熱させてたのね。
 ミシェルはなんぞ気づいたようですが、詳しい調査は生きて帰ってからかなー。

 つーか、何なのかあの運動能力とか腕がいきなり触手になるとか。
 アレか、本物のグレイスを殺して食べて入れ替わった遊星からの物体X系なモンスターか。
 銀河の妖精の死を計画に組み込んでたようだし。
 草として長期活動するほど奥ゆかしくも無さそうだしなあ。

 シェリルねーさんは色々と複雑なものを抱えながら頑張るが。
 大変に可愛い。
 しかしアルト姫はその場その場で流されて、どうにも落ち着きが無いのだった。
 むうん。

 何にせよまたひどい状況になってきたが。
 こっからどう展開してくのか、実に楽しみ。

theme : マクロスF(フロンティア)
genre : アニメ・コミック

ひだまりスケッチxbox365

 うおお、何か変に動きまくるなー?
 動かなきゃ動かないでいっこうに構わないアニメなんだが。
 だからこそ力尽きても構わないぐらいの調子で最初から全力を投入してきたのかしら。

 ところどころで意味不明な演出も混ぜてたけど。
 「宮ちゃん」「ゆのっち」と呼び合ったとこの超演出は何だったのか。
 いやカンゲキしてるっぽいことは察せられるんだが、何をそこまで。
 友達いなかったんかキミ(ぉ

 ヒロさん×サエさんが夫婦なのは元からだったと記憶してるが。
 ゆのっちと宮は普通に友達だと思っていたのだが。
 これが百合っぽく見えるのは、私の心がヨゴレてしまったからなのかしら(ぇー

 ともあれ基本のんびりと進行しつつ、ところどころで弾けるノリが実に楽しくて善哉なり。
 お母さん可愛いな。
 そして宮は引越しそばを要求しにきたり実に宮だな。
 つーかそこで打つとこから始めるゆのっちすげえ。

 吉野家先生や校長もちょこっと出てきては相変わらずだし。
 実に安定感があって頼もしい。
 のんびり楽しませてもらうとするぜ。

theme : ひだまりスケッチ×365
genre : アニメ・コミック

実に昭和です

 今回はハルさんむかしばなし。
 ノスタルジックに良い雰囲気でございました。
 挿入歌とか何かと思ったけど。

 相変わらずしんみりとした話を作らせるとうまいなあ。
 くっしーはこの小さな研究チームから随分なことになったもんだぜ。

 そしてこの思い出語りを聞いた結論が「わたしも泳げるようになるかな」てにゃも。
 この娘は色々とすっ飛ばして結論に至るから、方向間違えるとわけわかんないね。

theme : RD 潜脳調査室
genre : アニメ・コミック

スーパーホモホモ大戦、第一部完?

 ななちゃんは本当にどこまでもチンピラであった。
 愛いヤツよ。
 でもさすがにそんなショタの不思議ウェポンで始末しちゃうとは予想外だったぜ。

 あとアキラくんとしろがねは痴話喧嘩自重。
 いやもう何言ってんのこの子というか。
 押せ押せだったのが急に引いたからって釣られないでくださいというか。

 出てくる設定が片っ端から適当風味なのももはや味だのう。
 えーと、シンと対になるレイっていうと、種デス?(関係ない
 影人だの光人だの、王族だの、まあ適当ワード並べたものだが。

 ともあれ普通に2クールやるんだなコレ。
 何かまた変な人が増えるようだが。
 ううむ、まあ愉快な分には何でもいいけど。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

また何かダメな人が

 そんなソウルイーター。
 微妙にシド先生とキャラ被ってるような気がせんでもない。

 魔女にずっと捕まってて殺せなかったってことは、バラバラにしたり燃やしたりしても死なないってことかなー。
 何か特定の条件が揃わないと打倒できないタイプかも。
 この作品的には別に倒さなくても問題なさそうなキャラではあるんで、ホントに最後まで普通にあんな調子かも知らんが。

 スターと椿ちんは相変わらずである。
 つーかスターはスペックすごいんだけど後先考えなくて元気いいね。
 まあ最後においしいとこ持ってったけど。

 んでマカとソウルは色々と鬱屈した段階を経て次のステージへ。
 黒血は制御が難しいっつーか色々と危ないけど、パワーそのものは上がるとかそんな感じかなー。
 ちょっと同調しただけでマカの血が黒くなるとか、なかなかデンジャーな様子だけど。
 そこらへんはそのうち解決イベントでもやるんかねー。

theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

フリーエリア
プロフィール

kyuu666

Author:kyuu666
ライアーソフト・スチームパンクシリーズ応援中なり。
pixiv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる