またアバンからかっとばしおってからに

 何気に先週のゲストキャラもアバンに顔出してたんは珍しい気も。
 犬のぞんざいな扱いも定着したなあ。

 そんで本編は……五不思議て。
 ゴロ悪いよ、そこは無理矢理にでももう2つ増やして七不思議にしようよ!
 5つの時点でかなりいっぱいいっぱいだったのはわかるけど!

 単に階段がきしんでるだけとかエアコンの風でカタカタする人体模型とか。
 原因考えるのも面倒なまま備品粉砕してどうするのだキミら。
 樹の影がゆらゆらとかベッタベタにも程があるし。
 最後の1つは明らかに変人の所業。

 つーか何の根拠もなしに自分が天才と吠えたけるこの医者はドリームソルジャーだな、間違いない。
 ギャグ世界の倫理に深くつっこむのも何だが、医師免許剥奪しとこうぜってレベルだしな。
 医療事故の1つや2つは日常茶飯事だが超権力で握りつぶしてるぜぐらいはやっても良かったんじゃないかとも思う。

 そして相変わらず仕事が適当な妖精さんことゴスロリおっぱい。
 七ちゃんはアレで結構がんばってたんだなあ……。
 なんか殴られてあっさりコクチ抜けるし。
 しろがねはアキラの体から吸出しプレイが出来てご満悦っぽかったけど。

 展開も何もかも実に適当。
 それでいて視聴後にのしかかるこの疲労感。
 まさに今週もホモクロームだった。
スポンサーサイト

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

ダブルブレード変態がんばるの巻

 いきなりショタの屋敷に夜這いかけて何事かと思ったぜ。
 どーでもいいけどクロスボウを抱えて寝るのはどうかと思うなショタ。

 ジジイはジジイでさりげなく戯言連発するけど。
 心配で朝起きてから一睡もしてないとかネタで言ってるだろうと。
 むしろ大して心配でもないんじゃねえのかと。

 ヤクザの親父さんは親馬鹿だが、今回に限ってはその主張を正しいと認めざるを得ないのだった。
 つーかこういう状況では当然のように出てくるな小清水。
 嘘一発で許せないとか喚き出したり、難儀なとこも変わりませんね。

 それで男にコクチ入れられてしまう適当展開も相変わらずだが。
 そこに入れろと指示を出すゴスおっぱいの上司って一体。
 実はショタがそうとかそんなオチか。

 あとは、えーと、しろがねを信用するなとかわざわざ言われても。
 元々どこをどうやったら信用できるのかというレベルだし。
 いやガチホモが横にいる寝室で普通に寝てしまう無防備さはどうなんだと思わないでもないけど。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

新たなる変態あらわる

 まあ変態じゃない人間なんてこのアニメにはいませんが。
 ジジイはジジイでいつの間にかしろがねが見えるようになってましたとか。
 ほっとくとどんどんスペック上げてくな。
 つーか新キャラの粉かけに動じずカウンターをあわせるとかホントに最強だな。

 んでしろがねさんはアレでキャラ作ってたんですか。
 うん確かに気持ち悪いぜ。
 アキラくん相手にそれで攻めようと思った根拠について聞いてみたくなったが、聞かない方が脳には良さそうとも思う。

 実にあっさり全快したが、前回の弱体化は結局何だったのかの説明はしたのか。
 別にしなくても構わないとも思えるが。

 そしてナナちゃんの適当仕事をゴスおっぱいが引き継いでやっぱり適当仕事に。
 ヤクザさんも「妖精ちゃんじゃあ!」叫ばれても。
 なんかこのままのノリで最後まで行きそうですね。
 結構なことです(ぉ

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

スーパーホモホモ大戦、第一部完?

 ななちゃんは本当にどこまでもチンピラであった。
 愛いヤツよ。
 でもさすがにそんなショタの不思議ウェポンで始末しちゃうとは予想外だったぜ。

 あとアキラくんとしろがねは痴話喧嘩自重。
 いやもう何言ってんのこの子というか。
 押せ押せだったのが急に引いたからって釣られないでくださいというか。

 出てくる設定が片っ端から適当風味なのももはや味だのう。
 えーと、シンと対になるレイっていうと、種デス?(関係ない
 影人だの光人だの、王族だの、まあ適当ワード並べたものだが。

 ともあれ普通に2クールやるんだなコレ。
 何かまた変な人が増えるようだが。
 ううむ、まあ愉快な分には何でもいいけど。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

これはまたアバンギャルドなアバンですね

 えーと、とりあえず小清水自重。
 前回はほんのちょこっと出てきて事態を無駄にややこしくしたかと思えば、今回ものっけから妄言を。
 まあ何だ、楽しそうなのは結構なことだ。
 迷惑だけど。

 んで今回は眼帯くんこと七夜くんが渾身の負けロールを延々と展開。
 誰にでも噛み付くかと思えばあっさりビビったり、実に堂の入ったチンピラっぷり。

 一方、しろがねはしろがねで思い出したように弱体化ロールを。
 あんたそんな設定で何を延々と遊んでたのかと。
 つーか弱ってようがどうしようが妄言垂れ流すのはやめないのね。

 んで折角負けロールを積み重ねたのに相手が自滅してるとか立場無いね七夜くん(ぉ
 まあ次回おもむろに覚醒イベントでも挟んでボッコボコにするんかなー。
 つーかこれ2クールやんのか。
 びっくりだ。

theme : モノクローム・ファクター
genre : アニメ・コミック

フリーエリア
プロフィール

kyuu666

Author:kyuu666
ライアーソフト・スチームパンクシリーズ応援中なり。
pixiv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる